日本緑化工学会について

日本緑化工学会とは The Japanese Society of Revegetation Technology

「日本緑化工学会」は,自然再生をテーマにしたアジア最古の学術団体です。
24年間の研究実績を持つ「日本緑化工研究会」を母体として 平成元年に学会になりました。
緑の再生,創出,保護,管理等に関する研究を推進し,広く緑化技術の向上発展を図ること、そして自然環境の保全,生態系の早期回復,生活環境の改善等に寄与することを目的としています。本会には産・学・官の研究者や技術者を中心に幅広い会員が参加して活動を行っています。

 最近の行事一覧へ(日程順)  

基本情報

学会の組織と各種委員会・役員
日本緑化工学会 会則
日本緑化工学会誌 投稿規程・執筆要領
入会のご案内・英文誌LEEの購読申し込み
住所変更・各種届けはこちらから
日本緑化工学会 事務局
〒113-0001 東京都文京区白山1−13−7 アクア白山ビル5階
 電話:03-3818-8281 FAX:03-3818-8282
 E-mail:office(あっと)jsrt.jp ※(あっと)部分を@になおしてください
総会の議案および議事録

学会の事業

「日本緑化工学会誌」の発行
英文誌 Landscape and Ecological Engineering(LEE)の協同発行
日本緑化工学会大会・研究発表会の開催
公開シンポジウムの実施
現地見学会の企画・実施
分野や対象地に分けて活動する 研究部会
「日本緑化工学会賞」の授与
 

日本緑化工学会 沿革

創設からのあゆみ
昭和41年(1966年)1月 日本法面緑化研究会 創立 現地検討会 研究発表会などの活動を開始
昭和45年(1970年)1月24日 第1回緑化工技術検討会(現在の研究発表会)開催
昭和47年(1972年)3月日本緑化工研究会に改称  
昭和48年(1973年)3月「緑化工技術」創刊
発刊のことば: 会長 倉田益二郎
創刊の言葉
(クリックするとpdfが別窓で表示されます)
昭和59年(1984年)日本学術会議 団体登録  
平成元年(1989年)日本緑化工学会 発足
第15巻より「日本緑化工学会誌」
日本緑化工学会の発足にあたって:
   会長 新田伸三
日本緑化工学会の発足にあたって
(クリックするとpdfが別窓で表示されます)
平成17年(2005年) 協同刊行の英文誌
Landscape and Ecological Engineering 創刊
ICLEE(International Consortium of Landscape and Ecological Engineering)発足

日本緑化工学会 歴代会長・副会長
日本緑化工学会 名誉会員

| このサイトについて | お問い合わせ |